HOME>注目記事>子供と接することが好きで、コミュニケーションの高さが求められる

求められる資質とは

園児と先生

子供の頃から幼稚園の先生になるのが夢だったという人もいて、女の子のあこがれの仕事と言われているのが、幼稚園教諭です。近頃は待機児童解消などの政策を掲げる地方自治体が増えていて、求人も多いのが特徴です。そこで、幼稚園教諭になるために求められる資質というのは、まず第一に子供が好きということです。毎日子供の接する仕事なので、子供が好きでなければ、この仕事は始まらないと言っても過言ではありません。それに加えて、ピアノが弾けて歌が歌えること、細かいところに気配りができる人がこの仕事には求められます。子供だけでなく親とも接することから、コミュニケーション能力が必要です。

応募条件をよく見ること

園児と先生

応募条件でよく見ておきたいことは、学歴についてです。幼稚園によっては、短大や専門学校からしか採用しないという求人があれば、4年制の大卒を条件としているところもあります。確かに4年制の大卒のほうが有利なことも多いですが、給与の条件では4年制大学を優遇しなければならない規定があるため、予算などの面から短大や専門学校卒の学生に限定しているところもあります。幼稚園は応募条件が大きく異なっているので注意が必要です。

大学内で募集がある

園児と先生

養成課程のある大学や専門学校へ直接求人募集が出されることがとても多いのが、幼稚園教諭の求人の特徴でもあります。幼稚園の新設に伴って、人手が足りていない所も多いため、できるだけ早い段階で人材を確保したいと考えているところも多いことから、大学などへ直接募集が掛けられます。すでに卒業生が多数採用されている学校は、それだけ園からの信頼が厚いことから、就職率も高くなります。就職には有利に働くことが多いのが特徴です。

広告募集中